ママの立場って色々大変な事がたくさん!子供の教育・お受験・病気・ママ友のこと・家族のこと・ご近所付き合いに至るまで、色々なことに悩まされたり考えさせられたりしますよね。
そんな時、やっぱり一番大事なのはコミュニケーション!そして煮詰まった時こそ視点を変えて客観的に見てみる事が大切です。
頑張っているママ達に少しでもhappyになって欲しい!そんな思いで少しでもお手伝い出来たら嬉しいです☆
子供を怒ってしまったからといってママ失格ではありませんよ!

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

寒い日々が続きますね・・。皆さまお風邪など大丈夫ですか?

インフルエンザも流行り出した今日この頃・・小さなお子様や小・中学生を持つ保護者にとってはドキドキな季節がやってまいりました。

さて、ブログをとても久々に書いています。忙しさにかまけてサボっておりました(笑)

久々のブログのお題として何にしようかと悩みましたが、ママからの相談も多く、最近見られる社会人の問題にも関連していると思い「怒る」ということをテーマにしてみました。

 

よく学校の保護者会やテレビの教育番組などで「怒るのではなく、叱るというのが正しい」という意見を耳にします。

ちなみに「怒る」は感情のままに相手に対して言葉を発したり態度に表したりするということ・「叱る」は相手に気付きを与えるために滾々と説得し教育をするということですよね。

確かに「怒る」よりも「叱る」の方がいいというのは多くの人の意見だと思いますハートウサギ

 

でもね、この風潮(確かに正しいのですが・・)多くのママが「また怒ってしまった・・」「今日も大声を出してしまった・・」と自身を攻め、育児に対して自信を無くしてしまっているのもまた事実。そして真剣に悩まれてしまっている・・沈

 

もちろん、暴力をふるったり NGワード(相手を傷つけてしまうような言葉)を子供に対して行うのは絶対にダメですびっくり

でも時には”ママが感情を出して怒ったっていいじゃない”と思うんです。

毎日そうなってしまうのは良くありませんが、たまにはそんな時があったってOK。

 

子供は大人のそういう場面を見て、「今日ママは機嫌がわるいな・・」とか「今日ママ疲れているんだな・・」とかわかるようになります。つまりは子供ながらに人には感情があるのだということを理解出来るようになる訳です。

(ただし子供に気を遣わせるという意味ではありません・・そこは要注意ですね)

 

今、会社で営業になった新人さんが、クライアントさんに怒鳴られて会社に行けなくなってしまった・・、クレームが怖くて会社から帰ってしまった・・上司に注意され心が折れてしまった・・等という話をよく聞きます。(実際にお会いすると男性も女性も本当に素直で優しい若い人達ばかりです)その人達の共通点は、周りの人からあまり怒られたことがないということ。

だからといって今日から感情のままに怒って良いというのではありませんよ(笑)

でも、怒ってしまうご自身をあまり責めないで・・と言いたいのですハート

 

子供はいつもママがニコニコしている方がいい123☆45

そして悪いことをした時には「きちんと叱る」こともとっても大切。

でも感情を出すことを必要以上に怖がらないで欲しい!

ただしバランスが大事であることと、感情を出していても常に愛情でご自身をコントロールすることは忘れずに・・ハート かこむよ

 

最後に感情がぶつかりあってしまったり(これはまだ良いほうですね)、一方的に感情をぶつけてしまったりした後は

思いっきりフォローしてあげることを忘れないでくださいねきらきら

 

 

 

 

エキサイトお悩み相談室にもお気軽に・・
 

応援! ブログ村ランキング
子育て&日々の事柄 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
応援! ブログ村ランキング
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://roc-mom.jugem.jp/trackback/326