ママの立場って色々大変な事がたくさん!子供の教育・お受験・病気・ママ友のこと・家族のこと・ご近所付き合いに至るまで、色々なことに悩まされたり考えさせられたりしますよね。
そんな時、やっぱり一番大事なのはコミュニケーション!そして煮詰まった時こそ視点を変えて客観的に見てみる事が大切です。
頑張っているママ達に少しでもhappyになって欲しい!そんな思いで少しでもお手伝い出来たら嬉しいです☆
ヘリコプターペアレントに育てられた子供達
JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

ヘリコプターペアレントという言葉をご存知ですか?
以前この話題を書いた時、反響が大きかったのですが
「モンスターペアレントのことですか?」というご質問も多々頂きました。
このヘリコプターペアレンツというのは欧米から伝わってきた言葉で
子供が心配で学校や職場の上空をヘリコプターでぐるぐる旋回様子を表した
言葉なんです。(モンスターペアレントとは少しニュアンスが違いますね)

さてこのヘリママ(パパ)、日本でも最近ますます増えているとのこと
子供が心配なのはわかりますし、どんなに大きくなっても子供は子供だと
思いたい気持ちもよく理解できます。
ただ、何事も“度を越す”ことはよろしくありませんよね

例えば小学校1年生の子供が何となく調子が悪そうなら、親は連絡帳なり
お電話なりするのはある意味当然だと思います。
でもそれが6年生だったら?
お友達とケンカをして悩んでいる・・保育園の子供なら保育士さんに相談したり
親が仲介に入るのもいいでしょう。でも小学校4年生だったら?

小学校や中学校の学校選び・・これはある程度親の意見や提案が割合をしめる
でしょう。でも大学受験や就職試験の主導権は?
小学校でお休みする時は親が電話をしますよね。
では会社で欠勤する時子供が「お母さん電話して!」と言ったら?

みなさん笑い話かと思われるかもしれません
でもね、事実として会社に自分で電話をかけられない・・
クライアントさんからのクレームや上司からの注意を受けて無断で帰宅してしまう・・
大学で一人でオリエンテーションが受けられない・・
等々多くはみんながそうではないとはいえ、実際にそういう大人になる若い人達が
増えつつあるのは事実
まぁ、そこで親が子供を叱るどころかかばってしまう、もしくは反撃するという
ことも起こっているんですね

本人やその親は決して認めようとはしないでしょうが、
こんな風に育ってしまう子供は不幸です。

親は子供の事を心配し、色々とアドバイスしたりぶつかったりしながら
子育てをしていくものだと思います。
もちろんそこには自身の希望や思い入れもあるでしょうし、心配の度合いも
個人個人で違います。
ただ、子供の自立を促すことは、自分の可愛い子供を守る為にも非常に重要です
年齢や経験に合わせて、口出ししたいところをぐっと抑えて見守る・・
大変だけれど、子離れすることの大切さも認識しなければいけないですね。

自分で選び、色々な問題に自身で対処し、自分で生き抜いていく力を
可愛い子供だからこそ大人になるまでに身につけていってもらいたいと願っています



 
応援! ブログ村ランキング
子育て&日々の事柄 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
応援! ブログ村ランキング
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://roc-mom.jugem.jp/trackback/323