ママの立場って色々大変な事がたくさん!子供の教育・お受験・病気・ママ友のこと・家族のこと・ご近所付き合いに至るまで、色々なことに悩まされたり考えさせられたりしますよね。
そんな時、やっぱり一番大事なのはコミュニケーション!そして煮詰まった時こそ視点を変えて客観的に見てみる事が大切です。
頑張っているママ達に少しでもhappyになって欲しい!そんな思いで少しでもお手伝い出来たら嬉しいです☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

応援! ブログ村ランキング
- / - / -
将来「心の折れやすい大人」になってもらいたいですか?
JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

今、会社では心の折れやすい若い人達のなんて多いことか・・・

それはそれで問題だとは思うのですが、
「最近の若い者は・・・」と言っている世代の子供達、
まさに今小学生や中学生はもっと繊細な子供が多いってご存知ですか?

もちろん人間だから悩む事だって嫌な思いをすることだってあるのは当り前。
心が折れそうになることだって、落ち込んだりすることだって
人間の成長にはとっても必要なこと。

でもその時「前に進めるかどうか・・」ということがとっても重要

で、その為には子供の頃からそういう訓練が必要な訳です。
普通、こういうことは自然と訓練されていくべきもの。
でも現代においては、それが難しいケースも多々あります。

例えば、過保護なママパパ・・
もちろんそういうママパパはご自身も心が折れやすい傾向がありますね。
だから子供が傷ついてしまうのが怖いんです。
そういう保護者は、子供が転ぶ前に転ばないように
つまづきやすい物をよけてしまうことをよくします。

それから常に攻撃的なママパパ・・
自身が傷つきたくないからこそ、他人を攻撃する訳です。
それは子供に関しても同じ事。
子供が他の子と揉めた時、真っ先に相手の子供の事を攻撃したりします。
子供は何か事が起こった時、対処の仕方として相手のせいにすることや
攻撃して自身が傷つかないようにすることしか出来なくなります。

何事でもそうですが、小さい頃から少しずつ色々なことを経験して
少しずつ傷ついたり、少し嫌な想いをしたり・・(またはさせてしまったり)
しながら免疫をつけていくことが大事なんですね

親だから子供がかわいい。
親だからこそ、子供が傷つくようなことは取り除いてやりたい!
自分の子供は大切に愛情深く育てたい!
そう思うのは当然なことだと思います。

でもね、将来「心の折れやすい大人」になってもらいたくない・・と思うなら
“時と場合によっては少し突き放す”“一人の人間としてきちんと対応する”
“客観的になる”など将来を見据えた大きな愛情も持って欲しいと思います。

心の強い人間力のある大人、頑張って育てていきましょうね



 
応援! ブログ村ランキング
子育て&日々の事柄 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
応援! ブログ村ランキング
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://roc-mom.jugem.jp/trackback/318